このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 任意整理で借金返済!弁護士選びと返済計画のポイント!

任意整理で借金返済!弁護士選びと返済計画のポイント!

107view

2018.01.18

返済に困った時に弁護士に相談するメリット

返済に困った時に弁護士に相談するメリット

早急な対応策を考えてくれる

返済に困った時に弁護士に相談することは、多くのメリットがあります。

現状として返済に困った時に、早急な対応策を考えてもらうことができます。
貸金業者から借り入れをした時に、返済日に間に合わないと催促の連絡が掛かってきます。
自宅や職場に連絡が掛かってくると、自分の立場も悪くなってしまうでしょう。

弁護士に相談して債務整理をするのであれば、契約した時点で催促の連絡もなくなります。
もしも連絡が来た時は弁護士に話をしてもらえるので、催促の連絡に怯えることもありません。
返済日に間に合わないといった切羽詰まった状況でも、的確にアドバイスしてもらえるのが弁護士に相談するメリットです。

弁護士が代行してくれる

債務整理に関しては一般の人はまったく知らなくて当然なので、弁護士が丁寧に説明をしてくれます。

重要なことは弁護士がすべてを代行して行ってくれるので、すべて弁護士にお任せできることがメリットとなります。
貸金業者との和解、書類の作成、出廷など、自分ではできないことをすべて弁護士が代行してくれます。

そのため債務整理に関しては、重要なポイントだけを知っておけば、後は弁護士にお願いすることができるので安心です。

任意整理は債務整理の手段のひとつ

任意整理は債務整理の手段のひとつ

任意整理とは

任意整理とは債務整理の手段のひとつで、今までの利息での契約ではなく、新たに利息のない返済計画を立てて和解案を提出します。

貸金業者にとっては返済が難しくなったことで、このまま自己破産をされると元金も返ってこなくなります。
そこで元金だけでもしっかりと取り戻すために、再契約をすることが任意整理です。

貸金業者との和解案はすべて弁護士が行ってくれるので、お任せするだけで大丈夫です。
任意整理は借金を減額したり免除する制度ではなく、あくまでも借りたお金はしっかりと返済することを目的としています。

そのため返済能力がなければいけませんし、返済計画をしっかりと守らなければなりません。
それでも借金の返済の困っていた人にとっては、利用しやすく効果的な債務整理の方法となります。

任意整理のメリット

任意整理は利息をなくして元金のみを支払うことができるメリットがあります。

昔は貸金業者が法外な利息を取っていたので、任意整理と過払い金を請求することができました。

過払い金が多ければ返金してもらえたので、実際には大幅な減額をすることも可能でした。

しかし貸金法の改正によって利息は適正になったことで、任意整理をしても減額することはできなくなったのです。
しかし利息がなくなることで、元金を確実に返済することができるのは大きなメリットとなります。

元金が減ればそれだけ着実に借金が減っていくので、計画的に返済計画を立てることができるようになります。
無利息と無理のない返済計画は、任意整理をする時の大きなメリットとなります。

任意整理のデメリット

任意整理にをすることによるデメリットは、個人の信用が失われてしまうので、クレジットカードやローンの審査が通らなくなります。

クレジットカードに関しては現在使用しているものがあれば更新日を待たずに、会社の規定によってすぐにでも使えなくなってしまう可能性が高いです。

クレジットカードも後払いで借金と同じなので、借金の返済に困っている人にこれ以上使われてしまうと、返済してもらえない恐れがあるからです。
また新規のクレジットカードやローンの審査を受けようと思ったら、最低でも5年以上は待たなければ審査は受かりません。
クレジットカードは便利ですが、実際はなくてもそれほど私生活に影響はありません。

任意整理をすることのデメリットはクレジットカードが持てないことくらいなので、借金の悩みの比べればそれほどデメリットだと感じないでしょう。
だからこそ多くの人が任意整理をして、自分のお金の使い方を考え直すことができるのです。

その他の債務整理方法

債務整理には任意整理の他にも2つの方法があります。

1つ目は個人再生です。家を持っている人は借金苦になった時に、資産を手放して借金の返済に充てることはできます。

しかし生活の拠点を失ってしまうとその後の生活も大変になるので、家を残したまま借金の減額や免除を行うことができます。
個人再生は借金額を5分に1にすることができるので、大幅に借金を減額することができます。

2つ目の方法は自己破産です。自分ではとても返済不能なまでに膨らんだ借金について、返済能力がないと判断されれば、すべての借金がゼロになります。
自己破産は自分の財産を捨てることで、借金もゼロにできる最終手段となります。

個人再生と自己破産は官報に名前が載るため、周囲の人に知られてしまう可能性もあります。
しかし借金額が大幅に減額できたり免除されるのであれば、デメリットは仕方ないといえます。

初めての弁護士の探し方

初めての弁護士の探し方

弁護士に相談するまでの流れ

初めての債務整理で弁護士を探す時には、どうやって探せばいいか悩みます。

流れとしては自分でホームページをチェックして、ある程度良さそうだと思った弁護士を選びます。
次に実際に無料相談をして話を聞くことで、信頼してお願いできるかを判断します。
話を聞いて債務整理をした方がいいと判断してから、弁護士にお願いをして債務整理の手続きに入ります。

その後は弁護士が書類の作成や必要な手続きなど、すべて代行してくれます。
そして返済計画に従って完済するまで返済を続けるだけです。

弁護士を選ぶ時のポイント

初めて弁護士を探す時のポイントは、無料相談をして親身に相談に乗ってくれるかをチェックしましょう。

無料相談の時に返済計画を立てることになりますが、無理をして返済しても後で困るのは自分です。
どのように返済計画を立てた方がいいのか、アドバイスをしてくれる弁護士の方がいいでしょう。

貯金もまったくない状態で早く返済したいといっても、このまま上手く返済し続けられるとは限りません。
そのため返済額を低くした分だけ貯金をすることを提案するなど、本人の身になって考えてくれる弁護士は信頼できます。
弁護士を選ぶポイントは自分が信頼できると思った相手を選んだ方が、結果的に上手くいくことも多いです。

返済計画のポイント

返済計画のポイント

確実に返済できる計画を立てる

返済計画を立てる時には自分が確実に返済をしなければなりません。

任意整理の場合であれば、自分が返済できる金額を弁護士に伝えます。100万円の返済をする計画を立てる時に、できるだけ早く返済したいと思うかもしれません。
しかしあえて5年間の長期の返済計画を立てることで、毎月の返済金額を低く抑えることができます。
任意整理では利息がないため、長期の返済計画を立てても支払い金額は変わりません。

毎月5万円の返済能力があっても3万円の返済にすることによって、2万円分の余裕ができます。
この2万円を貯金することで生活も楽になっていくので、生活を立て直しながら借金の返済計画を続けることができるのです。
ポイントは確実に返済できる金額で、できるだけ長い返済計画を立てることで、月々の返済を楽にすることができます。

自分の体質を変える努力は必要

返済計画のポイントは無理のない返済計画を立てることが大切ですが、自分自身がお金について真剣に考えることが大切です。

任意整理をすることによって新たな借り入れもできないですし、クレジットカードを使用することもできません。
すべて手元にある現金だけの生活となるので、お金の大切さを改めて実感することが大切です。

自分のお金に対する考え方が変わらなければ、また借金を繰り返してしまう可能性も高いです。
任意整理をきっかけとして、お金や今後の人生についてもしっかり考え直すことが大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る