このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 借金の返済に困ったら?初めての債務整理で知っておくべきこと!

借金の返済に困ったら?初めての債務整理で知っておくべきこと!

50view

2018.01.18

借金の返済に困った時の対処法

悩む女性

家族や恋人に相談する

借金の返済に困った時には誰にも知られず、自分で何とかしたいと思うものです。

しかし返済することが難しくどうすることもできなくなったら、まずは相談することが大切です。
借金の相談はどちらも嫌な思いをしますが、身内や自分に近い相手だからこそ、親身になって相談に乗ってくれる可能性が高いです。

一時的にお金を借りても、結局は自分が変わらなければ借金問題は解決できません。
家族や恋人でも借金問題は解決するのは難しいので、弁護士に相談する方法を提案したりきっかけを作ってくれるかもしれません。
一人で悩んでも解決できないので、まずは相談して客観的に判断してもらいましょう。

弁護士や司法書士に相談する

借金問題に困ったら弁護士か司法書士に相談することが大切です。

家族や恋人に相談したり、新たに借り入れをしても結局は返済しなければなりません。
返済計画を立てるには弁護士や司法書士に相談した方が、根本的な解決をすることができます。

身内にお金を借りてもどうしても甘えが出てしまうので、第三者である弁護士や司法書士に相談をした方が本人のためにもなります。
債務整理の方法も任意整理だけでなく、個人再生や自己破産などあらゆる方法を提案してくれます。

特に借金の額が大きければ個人再生や自己破産を選択することになりますが、個人的に返済しようと思っても難しいでしょう。
弁護士や司法書士に相談をして債務整理をしなければ、借金がなくならないケースもあるので、最適な方法を探るためにも弁護士に相談することは大切です。

弁護士や司法書士に相談するメリット

弁護士や司法書士に相談するメリット

悩みを相談できるので精神的に楽になれる

弁護士や司法書士など専門家に相談するメリットとしては、悩みを相談できる相手がいることで精神的な余裕が生まれることです。

借金の返済に一人で悩み続けていると、誰にも相談できずに孤独を感じてしまいます。
将来に対する希望も持てず、パートナーがいても内緒にしていることで罪悪感を感じることになります。

誰にも知られずに借金を作ることができる半面、返済に困った時には誰にも相談できずに悩むことになります。
弁護士に相談しても周囲の人に知られることもありませんし、自分がどうすればいいか客観的なアドバイスをしてくれます。
債務整理をする時にはすべての手続きを弁護士が代行してくれるので、安心してお任せすることができるのもメリットのひとつです。

手続きの代行だけでなく精神的な安心を得られるので、弁護士へ相談することは大きなメリットがあるといえます。

最適な返済計画を立てられる

自分にとってどんな借金の返済方法があるのか、どうすれば借金苦から抜け出せるのかを知りたいはずです。
法律の専門家に相談することで、今の借金生活から抜け出すためのきっかけを作ってくれます。

債務整理であれば相談内容によって、法律の専門家が最適な返済方法を提案してくれます。
任意整理や個人再生は債務整理後に支払いを続けるので、自分に合った返済方法を選ばなければなりません。

自己破産を選択したくてもデメリットも多いので、まずは任意整理か個人再生を提案してくれるはずです。
客観的に自分にとって適切な返済方法と返済計画を立てることができるので、今の借金生活を抜け出すためにも弁護士や司法書士など法律の専門家に相談することから始めてみましょう。

任意整理をおすすめする理由

任意整理をおすすめする理由

利息をなくせるので元金を減らせる

債務整理でも任意整理をする人も多く、デメリットの割にはメリットが多い債務整理の方法のひとつです。

任意整理の特徴としては利息をなくした元金のみで、新たな返済計画を立てることができるということです。
100万円の元金の返済であれば、毎月4万円ずつ25回の返済で終わらせることができます。

本来ならば100万円に利息がつくので、仮に10%の利息だとしても1年で約10万円の利息を払うことになります。
3年近く返済を続けることになるので、利息だけでも20万円以上は払うことになります。

任意整理をすることによって利息がなくなるだけでも、返済金額を減らすことができるのはメリットといえます。
確実に元金を減らすことができるので、完済を目指して頑張ることができます。

誰にも知られることがない

借金をしていることは誰にも知られたくないですし、返済が困難なことは余計知られたくないと思います。
任意整理のメリットとしては、弁護士や司法書士に相談をするだけなので、家族はパートナーにも知られることなく手続きをすることができることです。

個人再生や自己破産をすれば官報に名前が載るので、いつ誰に知られてもおかしくありません。
任意整理は相談する事務所によっても対応が違いますが、初めて相談をした日に任意整理の契約をすれば、後はメールや書面だけのやり取りで済ませられます。

書面だけはどうしても送られてきますが、自分が取りに行くことも可能です。
メールでのやり取りであれば他の人に知られることもないので、誰にも知られずに任意整理の手続きをすることができます。

思っているよりも簡単に話が進む

借金に困って任意整理をすることになると、初めは本当に債務整理をして大丈夫なのかと不安に思うことも多いでしょう。

本当に誰にも知られないか、無理のない返済計画に変えられるのか不安になるのは当然です。
弁護士に任意整理することをお願いした後は、すべて弁護士にお任せし、自分がやることは弁護士への支払いをした後は、弁護士からの連絡を待つだけです。

その間に少しでも貯金をすることができるので、貯金ができれば精神的にも安心感を得られやすいでしょう。
何もすることなく待ち続け、数ヶ月後に弁護士から連絡が入って初めて新たな返済がスタートします。
後は自分が返済計画に従って返済していくだけなので、思っているよりも簡単に任意整理をすることができます。

債務整理をすることは不安も多いですが、案外あっさりできるのでもっと早くやっていれば良かったと思うはずです。
あくまでも任意整理は借金がなくなるのではなく、無理のない返済計画に変えることです。
返済能力がなければできませんが、仕事をしている人であれば任意整理もスムーズに話を進められるはずです。

借金返済で重要なこと

札束

最終的には自分が返済をしなければならない

借金の返済をする時に大切なことは、最終的には自分が返済をしなければならないことを自覚することです。

法律の専門家に相談をして債務整理をしたとしても、自分がしっかりと返済しなければ意味がありません。

借金をしたのは自分自身なので、自己責任として借りたお金は返すべきです。
債務整理をするということは一度借金の返済に困ったということなので、改めて自分でお金に対する考え方を変えて、返済することを考えるべきです。

返済計画は人生設計と同じだと考える

借金返済で重要なことは、返済計画は自分の人生設計と同じだということです。
任意整理によって5年間の返済計画を立てた時に、5年間は借金がなくならないということでもあります。
逆に5年を過ぎれば借金がない生活を送れるので、自分の人生を新たに考え直すことができます。

任意整理によってクレジットカードが利用できなくなりますが、デメリットとしてクレジットカードが使えなくてもそれほど不便はないでしょう。

それよりも返済計画によって確実に借金がなくなるので、その後の人生設計についてもしっかり考えることが大切です。
借金がなくなるだけでもかなり心に余裕ができますし、人生にも希望の光が見えてきます。

最後は自分で借金を返済することになりますが、返済していけばお金に対する考え方も変わってくるはずです。
返済計画が終わった時には人生設計とお金の使い方について、新たに考える借金とは無縁の生活を送りましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る