このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 債務整理とは?債務整理の種類と弁護士選びのポイント

債務整理とは?債務整理の種類と弁護士選びのポイント

53view

2018.01.18

債務整理とは

お金

任意整理

任意整理は債務整理の方法のひとつで、借金の返済に困った時は初めに検討される債務整理となります。

任意整理を簡単に説明すると借金を減らすことはできないが、利息をなくして確実に元金を減らす方法です。

毎月の返済日にきっちりと返済をしているのに、利息を支払っているのではなかなか元金を減らすことができません。
任意整理をすることによって利息をなくすことができるので、元金が確実に減らして数年後には完済することができるのです。

任意整理の利点は誰にも知られることなく、手続きをすることができることです。
注意点は任意整理によってクレジットカードが持てなくなるので、クレジットカードを使わない生活に変える必要があります。
また5年以上は新規のクレジットカードやローンの審査に通らなくなるので注意が必要です。

個人再生

個人再生はマイホームを所有している人が利用する債務整理です。借金の返済に困った時に家を手放すことなく、借金の返済計画を立てることができます。

借金の返済に困った時はいずれ資産を売却することを考えなければならないので、家を手放そうと考えるでしょう。家を売れば借金の返済に充てられると思うからです。

しかし家を売っても借金が残ってしまえば、借金の返済と住宅ローンを払わなければなりません。
賃貸に住めば家賃代がかかるので、毎月の支払いに困ってしまいます。
家持ちで任意整理では対応できない時には個人再生を選択することで、借金の一部免除ができます。
借金額を5分の1に減らすことができ、返済計画を立てることで残りの借金が免除になります。

デメリットしては10年近くは借り入れができない可能性がありますし、官報に名前が載るので個人再生をしたことが分かってしまいます。
それでも家を手放すことなく、借金をしても一部免除してもらえるのは大きなメリットといえます。

自己破産

自己破産をする時の条件として、支払い能力がないと判断されなければなりません。

そこで借金を返済できる能力がないと判断されれば、すべての借金の支払い義務がなくなるので、借金をゼロにすることができます。
これはかなり強力な借金免除の方法で、個人の借金が億単位であっても、借金をゼロにできる効力を持っています。

デメリットとしては資産をほぼ全て手放すことになり、借り入れも10年近くはできなくなります。
官報に名前が載りますし、さらには警備員や弁護士などの一部の職には就くことができなくなります。
それでも返済能力がないと判断されているので、借金をゼロにして新たなスタートを切った方がメリットも大きいといえます。

債務整理までの流れ

悩む女性

ネットで弁護士探し

借金の返済に困って債務整理をしたいと思った時には、自分で弁護士を探すことから始めます。

一般人は普段から弁護士と知り合う機会は少ないので、いざ弁護士に相談したいと思ってもどうすればいいか悩むはずです。

ネットで弁護士事務所を探せば、債務整理についての流れや案内が掲載されていることが多いです。
ネットで調べると多くの弁護士事務所を検索できますが、自分が良いと思った弁護士事務所をとりあえずピックアップしておきましょう。

無料相談

弁護士事務所を探したら次は実際に無料相談をします。先に電話かメールで問い合わせをすることで、スムーズに対応してもらうことができるはずです。

無料相談の日時を決めたら、後は自分の悩みと現状について相談しましょう。

ここでの相談は借金がいくらあるか、何社から借り入れているか、いくらくらいの返済ができるかなど、具体的な質問や相談をすることになります。
この段階ではまだ無料で相談できるので、今後どうすればいいか具体的に相談することも可能です。

債務整理の方法を決める

弁護士との無料相談で話をしていると、その話から最適な債務整理の方法を提案してもらえます。

任意整理、個人再生、自己破産のどれが合っているのか、弁護士が判断して納得したら債務整理の手続きをすることになります。
もちろんこの段階では話だけを聞いて、他の弁護士事務所に相談することも可能ですし、少し考えてからお願いすることもできます。

債務整理をするとメリットだけでなくデメリットもあるので、自分でしっかりと判断して決意することが大切です。
多くの人は任意整理を選ぶことになりますが、自分の借金体質を変えるためには、クレジットカードをやめて現金での生活に切り替えることも必要です。
債務整理の方法が決まったら、後は弁護士にお任せすることになります。

弁護士の連絡を待ってから返済開始

任意整理をすることになれば、新たな返済計画を弁護士と相談して決めます。

そして貸金業者との和解案が成立すれば、新たな返済計画に従って借金の返済をスタートさせます。
弁護士からの連絡を待ちますが、新たな返済計画がスタートするまで3ヶ月ほどは掛かることもあります。

弁護士からの連絡によって和解が成立したことを聞いた後は、そこから返済スタートになります。
貸金業者との和解や書類の作成などすべてを弁護士が代行してくれるので、簡単に任意整理をすることができます。

弁護士選びのポイント

分かりやすい説明と真摯な対応

初めて弁護士を探す時にはどうやって選べばいいか悩みますが、ポイントは丁寧な説明と真摯な対応をしてもらえるかをチェックしましょう。

借金の返済に困って切羽詰まっている状況なので、弁護士が真摯に対応してくれると非常に心強く感じます。

信頼できる弁護士でなければ債務整理をお願いしたいとは思わないので、自分が無料相談をした時に信頼できるか判断しましょう。
債務整理にはメリットだけでなくデメリットもあるので、しっかりと説明してくれる弁護士の方が安心してお任せすることができます。

気軽に相談できる

弁護士に相談する時に大切なことは、自分が気軽に相談できるかです。

弁護士に対するイメージは人それぞれ違いますが、分からないことを質問できないまま債務整理の話が進んでしまうと、本当にお願いしていいのか不安になってしまいます。
分からないことも気軽に相談できる雰囲気の弁護士であれば、自分が納得してからお願いすることができるでしょう。

弁護士の能力が高いと安心できますが、自分との相性が悪いと信頼することができません。
気軽に相談できる相性の良い弁護士を選ぶことは大切です。

弁護士選びに迷ったら

自宅から近い場所へ相談しに行く

実際に無料相談をしてもどの弁護士を選べばいいか悩んでしまいますが、弁護士選びに迷ったら自宅近くの弁護士にお願いすることをおすすめします。

何かあった時に気軽に相談しに行くには、遠い場所よりも近い方が相談しやすいです。

電話よりも直接相談した方が安心できますし、何度か弁護士事務に行くこともあるので、近い方が何かと便利です。自分が信頼できると思った弁護士であれば、どの弁護士でも安心してお任せできるので、あまり迷い過ぎないようにしましょう。

弁護士選びはそれほど重要視しない

弁護士選びに迷っても結局は債務整理をして返済することになれば、自分がきっちりと返済することが大切になります。

どんなに優秀な弁護士にお願いしても、自分が返済することには変わりないので、それほど弁護士選びに悩む必要はありません。
どの弁護士もしっかりと結果を出してくれるはずなので、自分がきっちりと返済し続けられるかが問題です。

弁護士選びはあくまでも債務整理をして、自分を変えるためのきっかけのひとつです。
それほど重視する必要はないですし、それよりも自分の意識を変えることを重要視しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る