アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所は大阪と東京にある司法書士事務所です。

口コミや評判の傾向や、非弁行為についての調査をしました。
費用や他の事務所との比較もまとめています。

債務整理を検討している人は、是非参考にして下さい。

アヴァンス法務事務所の口コミや評判は信用できる?2chなど見てみた

アヴァンス法務事務所の口コミを隅から隅まで見て考察してみました。

公式サイトに掲載されている口コミは、悪く言えば企業にとって都合の良いものばかりで信用できません。

そこで私が一番に調査したのが、匿名ではありますが容赦なしの毒舌な口コミが掲載されている2ch(現在5ch)です。

2chでは意外にも目立った悪評は無く、むしろフォローするような内容や良い評価が見受けられました。

私はてっきり、散々叩かれているコメントが多く見られると期待していましたが、意外な結果に驚いてしまいました。

その中の3人のコメントを紹介しましょう。

オレの知人はまだ弁護士が交渉中らしく、やっぱ経験のあるアヴァンスで良かったと思ってるよ。

アヴァンス法務事務所って
一時期弁護士事務所から嫌がらせ受けたよね。
ああ。知ってる。
相談にのってるのが事務員だとかってやつでしょ?
なんか、
アヴァンスって毎月3000件以上も借金相談があって、TV番組まで持っちゃって、
その頃だよね。

過払い金請求の内容にもよりますが、
アヴァンス法務事務所ならまずいいと思います。
またアヴァンス法務事務所は司法書士ですが
過払い金なら司法書士でほぼ問題は解決できます。

http://blog.livedoor.jp/yamikin2ch/archives/1159211.html
(2chより抜粋)

正直なところ、本格的にアヴァンス法務事務所について調べる前から賛否両論の評価があることを知ってました。

しかし実際に蓋を開けてみると、アヴァンス法務事務所から被害を受けたとか対応が悪いという口コミは皆無。

逆に「対応が良かった」「アヴァンス法務事務所に頼んで良かった」と言ったような口コミが目立つことが判明しました。

一体これは、どの情報が正しいのだろう …
どれも間違いなのだろうか?…
私は頭を悩ませました。

Yahoo!知恵袋やGoogleの口コミも調査しましたが、確証となるものや手がかりは見つからない結果に終わりました。

やはり、ネット上の口コミだけを見て企業について判断するのは困難を極めるということを痛感しました。

アヴァンス法務事務所に関する情報の傾向と「非弁行為」の疑い

非弁行為の疑い

アヴァンス法務事務所についての情報を調べていた中で感じたことがあります。
それについてと、ネットで見かけた悪い情報についても調べて詳しくまとめました。

違いを知ることが大事

まず私が感じたのは「法務事務所」と「法律事務所」の違いを理解していない人が物凄く多いということです。

今まで数多くの法律家の事務所に関するネット情報や評判について調査をしてきましたが、今回は特にそう感じました。

Yahoo!知恵袋や2chが良い例です。
これらの掲示板では、これから利用しようと考える人が様々な疑問についての回答を不特定多数の人に求めていました。

残念なことに、回答している人自体が法務事務所と法律事務所の違いを分かっていないケースが多々見受けられました。

例えばアヴァンス法務事務所とアディーレ法律事務所、どちらを選ぶか迷っている質問者がいたケースです。

それに対して「アヴァンス法律事務所は…」と熱心に特徴を説明している回答者がいました。
その善意は素晴らしいですが、その回答者はアヴァンス「法律事務所」と記載していました。
つまり、この人はアヴァンスが法律事務所だと思い込んで回答しています。

そもそも、そこが間違っています。

正式には以下の通りですが、違いを良く見て下さい。

アヴァンス「法務事務所」。
アディーレ「法律事務所」。

この違いが分かりますか?

「法務」と「法律」の違いがあります。

実は、アヴァンスは「法務事務所」で司法書士のいる事務所、アディーレは弁護士のいる「法律事務所」です。

また、名称だけではなく債務整理の際の業務範囲に関しても大きな違いが2つあります。

① 司法書士事務所(法務事務所)は、借入をしている業者「1社につき140万円」までしか対応できない。
一方、弁護士事務所(法律事務所)では、借入額に上限なく対応可能。
過払い金についても同じ扱いです。
これは法で決められていることですから、司法書士事務所や弁護士事務所によって変わるものではありません。

② 司法書士は自己破産などの場合、書類作成は可能だが本人の代理人として動くことは出来ない。
しかし弁護士は代理人として動ける。

ザックリ簡単に説明すると、このような違いがあります。

もっと詳しく説明すると、「過払い金請求」や「任意整理」は裁判所を通さない債務整理の手続きです。

上記2つの手続きなら、司法書士事務所で十分ですし、弁護士事務所よりも費用が安いといわれています。

法的整理といわれる自己破産や個人再生は裁判所を通すため、代理人として動ける弁護士が適しているでしょう。

何が言いたいかというと、この違いをしっかりと理解してネット上の情報を見極めて下さいということです。

そもそも、司法書士事務所と弁護士事務所の区別がついていない人が回答している記事は個人的にはオススメしません。

あなたに何故このようなことを伝えるのか…
それは、法律家の事務所選びに失敗して欲しくないからです。

曖昧な情報を鵜呑みにして事務所を選んだ結果、後悔した人は世の中に沢山います。

費用や時間ばかり費やして、一向に解決に至らないケースだってあります。
あなたには、そんな思いをして欲しくない。
あなたにも情報を見極める力をつけて頂きたいのです。

その為には最低限、司法書士事務所(法務事務所)と弁護士事務所(法律事務所)の違いぐらいは覚えて頂きたいと思います。

「非弁行為疑惑」について

さて次に、ネット上にあったアヴァンス法務事務所の「非弁行為」を疑う記事について調査した結果を伝えます。

因みに「非弁行為」とは、弁護士でない者が報酬目的で弁護士にしか与えられていない行為をすることを指します。

アヴァンス法務事務所についてニュースになった内容は以下の通りです。

大阪市の事務所で、無資格の事務員が法務事務をしたとして、弁護士法違反(非弁活動)容疑で書類送検された事件です。

結果としては、不起訴処分となりました。

これについて、私は実際に電話で質問して直撃してみたので次の項目で事務所からの回答を載せています。

私の個人的な感想ですが、本当にそのような事実があったのならば答えてくれなかったはずです。

負い目に感じることがあるならば、答えたとしても曖昧にしていたでしょう。

しかし、ハッキリと回答してくれたということは本当にそのような事実はなかった可能性が高いと感じました。

アヴァンス法務事務所に電話して聞いてみた

何度でも本当に相談無料?
はい、もちろんです。
遠方に住んでる場合も司法書士に必ず会わなければいけませんか?
基本的に司法書士と一度は面談する決まりになっています。
ですから自己破産の場合は特に、仮に入院などの理由でどうしても事務所まで来れない場合には出張面談をすることもあります。
しかし、その際にかかった交通費は依頼者ご負担という形になりますね。
任意整理の案件であれば、本当は依頼者にお会いしたいところですが事情により会うことが難しい場合には電話で承るケースもあります。
依頼した際に担当司法書士は最後まで同じ人ですか?
当事務所は、担当制ではありません。
その為、当事務所の司法書士全員で○○様の依頼について見ていけるような仕組みになっています。
司法書士は男性しかいないのですか?
はい、残念ながら女性の司法書士はおりません。
家族には絶対にバレたくないのですが大丈夫ですか?
はい、郵便物などは郵便局留めにするなどの配慮はできます。
その際に郵便局に取りに行く手間が生じますので理解して頂きたいのと、ご家族に郵便物を見られないようにする気配りは必要になりますね。
人生で2回目の任意整理でも手続き可能ですか?
手続き自体は可能です。
}ただ、任意整理をする際に一番の肝となるのが和解後に返済をしっかりしていけるのかどうかです。
和解後に返済をしていく能力があるということであれば、人生で2回目の任意整理でも基本的に手続きすることは可能です。
費用の分割と後払いはできますか?
後払いは過払い金請求の場合には可能です。
分割については、まず最初に任意整理した際に今後の返済に必要となる金額を計算します。
その金額で費用の分割払いをして頂くことになります。
これは、任意整理してから毎月滞りなく返済をしていくための練習の意味があります。
もし、分割の支払いさえも滞るようならば、3~5年かけて返済していくことになる任意整理は難しいという判断になります。
やむを得ず自己破産を選択することになりますね。
自己破産となると、ご家族に内緒にしておくことは不可能になってしまいます。
1社につき過払い金や借り入れが140万円を超える場合は弁護士じゃないとダメ?
確かに当事務所は司法書士事務所ですから、1社につき借金や過払い金が140万円を超える場合には取り扱えません。
その場合には1社につき150万円の借り入れがあるケースだとすれば、ボーナス払いなどで1社につき140万円以下まで減らしてから当事務所で手続きを行うという方法もあります。
公式ページにありましたが「債権内容によっては同一債権者の場合でも複数債権として取り扱う」とは、とのような意味ですか?例えば1社につき180万円の借入があったら90万円ずつに分けて手続きするということですか?
いえ、そうではないんです。
これはですね、吸収合併している会社についての話になりますね。
昔は違う会社だったけれど現在合併により一つの会社になっている場合があります。
実はその場合、会社名は同じでも窓口が異なりますから複数社カウントになるんですよ。
ヤミ金の対応していますか?
ヤミ金は承れません。ただし他にヤミ金以外からの借入がある場合には、そちらの業者には対応させて頂きます。
任意整理した後の返済忘れや遅れが心配な場合どうしたら良いですか?
ご安心下さい。当事務所では、代理返済を行っています。
毎月1社につき1080円の送金手数料がかかりますが、毎月○○様の返済額を一度預からせてもらい各業者に振り分けて当事務所から返済するという仕組みです。
そうすれば何ヵ所にも返済に行く手間や、返済忘れもなくなりますよね。
もし弁護士を選ぶなら紹介してもらえますか?他の事務所では紹介してくれると言われましたが…。
紹介することはしていません。
最寄りの弁護士会に問い合わせるのも一つの方法です。
弁護士会は強制加入団体ですから、間違いなく弁護士がいる事務所を紹介してくれますし安心ですよ。
弁護士を紹介するしないは、各事務所により異なると思います。
債務整理を依頼する際の一番のポイントは何ですか?
そうですね…。まずは包み隠さず全て司法書士や弁護士の先生にお話しすることをオススメします。
任意整理をかける業者、任意整理をかけたくない業者の希望も必ず伝えましょう。
例えば、マンションの賃貸料の支払い契約に関わっているカード会社まで任意整理をかければ、マンションから退去しなくてはならないこともあります。
任意整理の良いところは任意整理をかける業者と、かけない業者を自分で選択することができるので依頼した法律家に希望として伝えるべきですね。
なかなか借金の話は話しにくいのも分かりますが、細かい事情まで依頼の際にしっかり伝えておくべきです。
非弁行為の事実関係はどうなのでしょうか?安心して依頼しても大丈夫でしょうか?
もちろんです。実際に非弁行為はありませんでしたし、そのような事実は無かったからこそ不起訴になりました。ですから安心して利用して頂きたく思います。

アヴァンス法務事務所に電話をした感想とネット情報との相違点

電話をした感想とネット情報

アヴァンス法務事務所での無料相談は、およそ1時間半ほどかかりました。

最初は女性専用窓口に電話をしてみたのですが、改めて女性専用ではない窓口にも電話してみました。

女性専用窓口は、もちろん女性の事務員が全て対応してくれました。
ハキハキとしており、少しだけ早口ぎみでしたが説明はこれ以上ない程に丁寧でした。

女性専用ではない相談窓口は年配の男性事務員が最初に電話で対応してくださいました。
途中で若い男性の事務員に電話交代されたのですが、女性専門窓口と同様に質問に対して納得のいく回答をしてくれました。

どちらも丁寧ですが、正直なところ女性の相談者は女性専用窓口の方が話しやすいのでオススメだと感じました。

いずれにせよ、どちらの窓口も事務員とは思えないぐらい非常に知識が豊富で驚きました。

かなり突っ込んだ質問をぶつけましたが、全て即答で返して下さいましたので「プロ意識」を感じました。

このような対応であれば、全く債務整理の知識がない人でも納得のいく回答をしてくるのではないかと思えました。

また、非弁行為疑惑について思い切って聞いてみた結果、「そのような事実は無かった」とハッキリと回答していました。

ネットでの口コミを見ていたので、どのような回答が来るのか…答えてくれないのか…怒られるか…不安でした。

しかし、非弁疑惑事件に関して快く即答してくれましたし何事もなかったということを知って私自身は安心しました。

酷い口コミだと「詐欺」だとか書いていましたが、そのような事実も調べた限りありませんでした。

良からぬ噂に面白がって便乗したり、真相を調べもしないで軽はずみに発言するネットの噂って怖いですね。

世の中には、仮に一人の人間が正しいことを言っていても大多数の前では通用しない場面が多々あります。

大多数の人が「それは間違えだ!」と口を揃えて言えば、間違ってることも「正しい」に変換されてしまうのです。

それは私が今まで生きてきた中で、嫌という程に経験してきたことです。

とても悲しいことだと思いますが、ネット社会も同じ一面がありますよね。

電話してみて思ったのは、又聞きではなく実際に自分で確認してみなければ解らないことがあるという点です。

ネットの情報も参考程度なら良いかもしれませんが、それを鵜呑みにせず自分で確認することの大切さを改めて気づきました。

あなたには、間違った情報を正しいと思うような人になってほしくないです。

「アヴァンス法務事務所」と「かなめ総合法務事務所」を比較して評価

 

アヴァンスとかなめ比較「アヴァンス法務事務所」と「かなめ総合法務事務所」を比較しました。
費用についてや、実際に電話してみて感じたことを独断と偏見でまとました。

相談とはいえ、人と人とのやりとりですし対応してくれた事務員や相談員によっても違いはあります。

合う合わないがあるでしょうし、この結果から事務所そのものが劣っているということでもありません。

実際に依頼した結果も人それぞれですから、あくまでも目安にして頂きたいことを先に伝えておきます。

アヴァンス法務事務所

無料相談窓口 対応良い
女性専用相談窓口 あり
ヤミ金対応 ×
オフィス 大阪と東京、合わせて2つの事務所がありますが業務内容の違いはありません。

※他の法務事務所と比較して、質問に対しての回答が詳しかったですし対応も良かったです。
例えば金融会社の合併についても過去の業者名が全て頭に入っている様子で、横文字の名称をスラスラ話していました。
マンションの賃貸料の支払いに関することまで知識レベルが物凄くて、私も勉強になりました。

費用

任意整理
着手金  1社39,800円
手続き報酬 1社10,200円
その他 ※別途事務手数料かかる(最初の1社は20,000円で2社目~10,000円)
※保証人がついてる、訴訟を起こされているなど特殊債権の場合は別途追加費用(15,000円)が必要
過払い金請求
減額報酬 12万円以下 0%
12万円より多い 20%
訴訟の場合 22%

 

かなめ総合法務事務所

無料相談窓口 対応良い
女性専用相談窓口 あり
ヤミ金対応
オフィス オフィスは2つあります。
東池袋オフィスでは登記や不動産を中心に業務を行っているようです。
債務整理を行っているのは「池袋オフィス」です。
この通り、2つのオフィスで役割を分担している法務事務所です。

※他の法務事務所よりもフランクな感じでした。
とはいっても馴れ馴れしいという意味ではありません。
「話しやすい」と感じました。
ただ、非常に親身で対応も抜群に良かったのですが無料相談中に「では、ウチでやりますか?」と3回程ジョーク混じりで言われました。
それだけが少し気になりましたが、対応としては完璧です。

費用

任意整理
顧客管理手数料
(実費)
20,000円
(債権者数に問わず)
着手金 30,000円(1社あたり)
和解報酬金 20,000円(1社あたり)
通信費(実費) 10,000円(1社あたり)
減額報酬  10%
過払金報酬 20%
その他 ※(実費)とは過払い金から差し引きされることなく、自分の財布から出す費用です。
比較の感想

費用だけを見と、ほとんど大差はないと言えるでしょう。
特別アヴァンスの費用が安いというわけではなく一般的です。

かなめ総合法律事務所は、闇金にも対応しているというのが大きなメリットでしょう。

どちらの事務所にも女性専用窓口がありますので、女性も安心だと思いました。

個人的には、ある程度債務整理の知識がある私でもアヴァンスの無料相談で勉強になることが多く高評価です。

いずれにせよ私個人の感想ですから、気になった人は実際に自分で電話をしてみるのが一番でしょう。

アヴァンス法務事務所の費用一覧と解決までの流れ

アヴァンス法務事務所の費用一覧アヴァンス法務事務所を利用した際の解決までの流れと、費用の一覧になります。

解決までの流れ

①無料相談

②司法書士との面談・債権内容の確認

③契約手続き・今後の注意点の説明

④受任契約・受任通知発送
(督促ストップ)

⑤債権調査

⑥方針決定

⑦和解交渉

⑧解決
(返済スタート)

費用一覧(税抜き表示)

過払い金請求

着手金 0円(完済後)
成功報酬 戻った過払い金が12万円以下 0%
戻った過払い金が12万円より多い 20%
訴訟の場合 22%
その他 ※1債権者あたり別途50,000円
※過払い金を返金する振込手数料→依頼者負担
※訴訟を提起されてるケースなど特殊債権は別途追加費用がかかる場合もある

 

任意整理の費用

着手金 1社39,800円
手続き報酬 1社10,200円
減額報酬 0円
その他 ※別途事務手数料かかる(最初の1社は20,000円で2社目~10,000円)
※保証人がついてる、訴訟を起こされているなど特殊債権の場合は別途追加費用(15,000円)

 

個人再生

費用 330,000円
住宅資金特別条項を利用する場合380,000円
予納金、申立印紙代などの実費30,000円程度
その他 ※事件内容により別途追加料金が発生する場合がある
※債権者が10社を超える場合は別途見積りをする

自己破産

手続き費用 270,000円
予納金、申立印紙代などの実費30,000円程度
その他 ※管財事件の場合は管財人の選任が必要で別途費用が必要
※債権者が10社を超える場合は別途見積りをする

時効援用

着手金 1社25,000円

これらの費用は、個人により変動がありますから予め詳細を確認しておきましょう。

アヴァンス法務事務所の概要と無料相談窓口

アヴァンス法務事務所には、大阪と東京合わせて2つの事務所があります。
事務所によっての業務の違いはありません。
また、どちらの事務所にも司法書士が在籍していることは電話で確認済みです。

アヴァンス法務事務所

代表 認定司法書士 姜 正幸
大阪司法書士会所属 第4065号
簡裁訴訟代理関係業務認定番号 第312005号

大阪(本店)

住所 大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
最寄駅 京阪本線 「北浜」駅
地下鉄堺筋線 「北浜」駅
アクセス 地下鉄堺筋線、京阪本線「北浜」駅下車2番出口すぐ
メール相談 https://avance-jud.jp/service/※公式サイト
解決事例集 https://avance-jud.jp/case/※公式サイト
電話番号 0120-964-664  女性専用ダイヤル
0120-964-564 全国無料相談ダイヤル
営業時間 平日 9:30~21:00
土日祝 9:30~19:00

 

東京(支店)

住所 東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー 5階
最寄駅 新宿駅 徒歩5分
代々木駅 徒歩5分
南新宿駅 徒歩8分
電話番号 0120-963-963
営業時間 9:30~21:00
※土日祝日の面談は予め相談して予約

 

アヴァンス法務事務所は安心できる

アヴァンス法務事務所について詳しく調べてみると、安心して利用できるということが分かりました。
債務整理を真剣に考えている人にとっては、より良い事務所選びが必要不可欠な条件となります。
あなたが借金に悩み、解決できずに悩んでいるなら一度アヴァンス法務事務所の無料相談をしてみると良いでしょう。
何度でも無料ですし、必ず親身に相談に乗ってくれると思います。